コラム

ダウンタウン浜田の凄さについて

ダウンタウンの浜田 そろそろ誰かが浜田の凄さについて、語るべきだと思う。 いや、もちろん既に、何度も語られてることではあろう。そういう点で、「べき」というのは僕の驕りだ。語りたいのである。僕の口から浜田の凄さを。僕は彼を尊敬している。本来な…

ミスチルの歌詞「顔の割に小さな胸」という悪口の極みについて

ミスターチルドレン「over」 ミスチルの失恋ソング「over」という曲の歌詞に、 「顔の割に小さな胸」 というフレーズがある。 驚いた。なんてすごい悪口なのだろう。この短いフレーズで相手女性の容姿に関して二つの点でディスっているのだから。 「顔がでか…

エスカレーターの右側を利用することに全力を注いだ青春

エスカレーターの右側を利用することに全力を注いだ青春 エスカレーターといえば、関東と関西で使い方が違う珍しい乗り物である。 関東では左に並び、関西では右に並ぶ。 僕の地元を愛知だ。 「中部地方ではどうなのか?」という皆さんの長年のぎもんに答え…

小説「何者」に殴られた夜(ネタバレあり)

小説「何者」を読んで コラムです。書評記事はこちら。 www.mizutanikengo.com コラム『「何者」に殴られた夜』 思えば「何者」はいつも僕と同じ方向を見ていた。 決して並んでいるわけではない。僕は、いつも「何者」の後ろに立ち、彼が見ている景色を、そして…

コンプレックスを持っている人間が圧倒的に小説家に向いている1つの理由

コンプレックスが妄想力をつけてくれた 水谷です。小説家をしています。 学生時代は妄想癖のある男でした。 頭の中の物語で、理想のバトルを生み出し、理想の恋愛をし、時にゾクッとするほどの恐怖を味わいながら、日々を過ごしてきました。 そんな妄想癖の…