読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月からcomicoにて公式連載「文字生物( ^ω^ )育成日記」が始まります。

水谷です。

またまたありがたいお話をいただきました。

 

 

comicoにて「文字生物( ^ω^ )育成日記」の公式連載が決まりました。

現在、暫定亭な第1話だけが読めるようになっています。

 

comicoでは、吹き出し機能を使った小説を書けるようになっていまして、この作品は「吹き出しの中で文字生物を育てるアプリ」の体をなした小説となります。

 

「何のこっちゃ」という方はぜひとも一度、見てやってください。ホラーです。

novel.comico.jp

この作品の狙い

この作品はcomicoの「こわ〜い小説大賞」にて入賞した作品です。

その時の応募規定に「comicoならではの機能を使った作品をお待ちしております。」とありまして、そこだけを狙って書いた作品です。

 

しかし、書いていく中で自分の中でも盛り上がり、一つのまとまった作品にできるなと思っていたところで編集部からお声がけを頂きました。

新しい小説の形を示したい

WEB小説が流行り、クリエイターのマネタイズ方法が多様になり、そして人工知能が小説まで書き始める。

作家を取り巻く環境がめまぐるしく変わっている時期と言えます。

 

確実に従来の小説の形をとっていないので賛否両論あることが予想されますが、それも含めてどうなっていくのか楽しみ。

 

ただ、ある程度は面白がってもらえるんじゃないかな。

comicoもEエブリスタも、画像を小説の途中で入れる仕組みは既に整っていて、WEB小説で読まれることを前提とするなら、「文字だけじゃない小説」が主流になってもおかしくはありません。

 

ブログでも、画像があるのとないのでは分かりやすさが全然違います。

読者の視点に立てば、イラストあり、というのは肯定的に受け入れられやすい。

 

また以前、「謎と旅する女」という作品が流行りましたが、常識の外からの表現というのは、それを見た他のクリエイターに閃きを与えます。

 

これがそんな作品になれば良いなと願いを込めて、頑張って連載していきます。

novel.comico.jp

これからについて

この作品ではもちろんランキング1位です。

が、同時に作品がウケるかウケないかは作家の手を離れたランダム性にも依存するという事実もある。だからこそ難しい世界ではあります。

 

ただ、目指すべきはやはり1位。

そのための斬新さ意外性。この作品にはそのポテンシャルがあるはずと信じています。

あとは作家の僕がいかにそれを引き出せるか?

 

そして、ゆくゆくはもう一つ公式連載となれるような作品を作ることも目標です。

2つ目の公式の候補となるような作品を、現在チャレンジ作品(誰でも投稿できる作品)にて次々に投稿し、上位に食い込めるように企んでいます。

 

この辺の戦略も何まとめて記事にする予定です。

では、これからもよろしくお願い致します。