読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNS活用は「あの人に届けたい」が大事なのかもしれない

SNS活用術 作家活動

「あの人に届けたい」を大事にする

f:id:mizutanikengo:20161007113103j:plain

どうも水谷です。小説家やっています。

  

SNSで「良い情報」を発信しようと日々試行錯誤をしているのですが、「有益な情報を発信する」ということに関して、腑に落ちたことがあったのでブログにしてみました。

 

それがタイトルにもある「あの人に届けたい」という感情。

今日はそんな話。

絵本作家を目指す友人に知ってほしい

前回、絵本作家を目指す友人と4コマを描きました。

f:id:mizutanikengo:20161007110227j:plain

素敵でしょ?笑

@panimal_panimalがTwitterアカウントなので良かったらご覧あれ。

 

で、今まで絵本にはあまり目を向けてこなかった僕ですが、こんなこともあって、最近では絵本のニュースが目に留まるようになってきたのですね。

「あ、これ教えてあげたい」って感じるようになりました。

 

そこには紹介料を取りたいとか(もともと発生しませんが)、有名になりたいっていう気持ちはなく、単純に「知ってほしい」という気持ちからの行動です。

 

純粋な「あの人に届けたい」という、概念的には「GIVE」に近いこの感情。

それこそが、SNSで情報を発信するときに重要ではないかなと思っています。

 

「たった一人に伝えたい」という点では、ペルソナマーケティング的かも。

リアルでも「何か」を薦めてみる

この感覚を磨くには、日々の生活でも友人に何かを薦めてみるのが良いかもしれません。 

 

最近、見た映画、読んだ本、行った場所。

知り合いの経験談ってやっぱり参考にしますし、薦められたモノってけっこうな割合で読んだり買ったりするじゃないですか。

 

すごい感動した本があったとして、10人の友人に薦めたら半分くらいは買ってくれると思うんですよね。

 

コンバージョン率50%ですよ。

WEBマーケティング的には脅威的ですよ。

 

この感覚の延長線上に、ブログやSNSでの情報紹介はあるべきかもしれません。

 

ということで今日はこの辺で。ではでは!