読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショートショートは1日10個くらいがマックス

ショートショート制作の限界に挑戦

水谷です。

昨日、できる限りショートショートを作ってみました。

 

結論からいえば現時点で1日10個程度がマックス。

それ以上となると、かなり脳の負担が大きいかなという印象です。

 

新しいアイデアが全く浮かんでこなくなります。

ショートショート作成の手順

僕がいつもショートショートを作るときの流れはこんな感じ。

①テーマを決める

読者の方から「お題」をいただいてそれに沿った小説を作ることが多いです。

 

②テーマを10~20個、携帯にメモして散歩

お昼ご飯を食べに行く時、電車移動などを利用します。

もらったワードを組み合わせたり、自分の中でテンプレート化している「オチ」と結びつけてみたり。2~3個くらいのあらすじが出来ると調子が良い方。

 

③概要が決まったものをPCで清書

実際の作業はパソコンを入力します。スマホでは、構成だけメモしておくことが多いです。

だいたい文字数は1話で500~2000文字程度でしょうか。

 

 

上記を5回ほど繰り返して、10個のショートショートを作りました。

家の中で②のアイデア出しをしていても捗らず、電車などで③の執筆をしてもスピードは落ちてしまう。

 

この辺りはまだまだ改善の余地もありそう。

星新一さんが発表したショートショートの数は1001個(正確には1048みたいですが)。もちろん未発表作を含めれば、この数倍以上の作品を作っているのは間違いありません。

 

しかし、まずは制作数だけで1001個を超えることを目標にしたい。

今、僕が作ったショートショートは300個ほど。2018年までには達成できるかな。

 

 

ということで、今回作った10個のうち1つだけ掲載してみます。

あわてんぼうのサンタクロースの対策

 

あわてんぼうのサンタクロースは考えた。

どうにかして自分のそそっかしさを改善しなければと。

 

 

あれこれと思案した結果、彼は文明の利器に頼ることに決めた。

まずはグーグルカレンダー。

 

 

アラームをつけておけば、12/24を見過ごすことはない。

 

それに商品の仕入れやトナカイ達の世話、他のサンタとの打ち合わせだってちゃんと告知してくれる。

 

 

今まではそもそも手帳をなくして困ったことがあったが、クラウド管理すれば大丈夫だ。

 

 

 

 

 

さらにはグーグルマップ。地図を見るならこれほど便利なツールもないだろう。

迷いようがない。

 

 

そして、子供からのプレゼント依頼は全てメールで届くようにした。もう手紙を探し回る必要も、間違って捨ててしまうこともない。

 

 

 

 

これらの情報は全てEvernoteに入れ、PCと同期させている。

完璧だ。

 

 

 

 

 

そして、いよいよクリスマスイブ当日。

 

 

しんしんと降り続く真っ白の雪が、イルミネーションで反射して輝いている。

 

1匹のトナカイが、夜の街の遥か上空を滑走していた。

 

 

 

ソリの上で、悠々とスマホを取り出したサンタ。

 

 

 

子供達の家を調べようとした瞬間、あることに気づいた

 

 

 

 

 

 

「・・・ここ、圏外だ。」