早起きできない小説家が、早起き実践できたシンプルな3つの秘訣

早起きができなかった僕

f:id:mizutanikengo:20161021052450j:plain

水谷です。小説家しています。

組織に属していない僕は早起きする必要がほとんどありません。予定があっても夕方以降のことがほとんどです。

 

そのため仮に昼頃まで寝ていても、

全然、全くもって、誰にも、一切怒られないのです。

 

ほんとうにこれまで早起きができなかった。

だって人間の脳って朝の方が働くって言うじゃん?

早起きすることで「他の人よりも頑張ってる優越感を味わえる」って言うじゃん?

 

これがもう本当に魅力的だったんですよ。

心底「早起きしてえ」と思うようになりました。

短眠に憧れていた頃

同時に短眠生活に憧れてもいました。1日3時間とか4時間30分睡眠。

だいたいいつも7〜8時間寝ている僕にとって、

「え?あと5時間も余計に使えるの?何その裏技!」

と心惹かれるのは必然。 

4時間半熟睡法

4時間半熟睡法

 

 で、こんな感じに本を買ってきて、一生懸命勉強するわけですな。

 

「なるほど寝る前にはリラックスね。」

「1.5時間を意識するわけか。」

「夕食は食べ過ぎないように、と。」

「次の日の楽しい事を思い浮かべながら寝ると良いのか!なるほど」

 

 

ぜんっっっっっぜんできないよ!

がっつり寝ちゃうよ!

 

そもそもの心構えもダメっちゃあダメなんですけどね。

「朝4時に寝て朝7時に起きれば3時間睡眠じゃん!」

と考えて、がっつり朝11時に起きてるので。アホやん。

 

挙句「その日の罪悪感がぬぐえなくて夜更かし」っていうデフレスパイラルに突入する。成長ゼロじゃん!

 

あと、仮に奇跡的に4.5時間睡眠で生活できていても、日中に眠くなりすぎて無理。起きているけど「いかに眠気と戦うか」を考えて仕事が全然進んでいない。

 

ということで、短眠は諦めました。ホリエモンも7時間寝ているっていうし。大事なのは質よ質。

 

 

前置きが長くなりました。

現在、僕は早起きしてしまいます。6時くらいには起きています。

こんなグズグズな僕でも早起きを成功させたシンプルすぎる秘訣をご紹介します。

①早く寝ろ

もうこれなんですわ。「早く起きたきゃ早く寝ろ。」どれだけシンプルなんだよ。

イチローや五郎丸も実践 強い意志力がいらない「習慣化」のメリット - ログミー

新しい習慣やキツい習慣を確実に身につけるには、朝にやってください。だから、最初に身につけるべき習慣は早起きかもしれないですね。それで早起きというのは非常に簡単で、夜とっとと寝ればいいんですよ。夜とっとと寝るにはどうすればいいかというと、例えば19時、20時を過ぎたら新しいことをやらないとか。なにも触らないとか。あとは、特定の時間になった瞬間に家の照明が全部落ちるようにするとか。そういうのを決めておいちゃうんですね。  

②お腹いっぱいに食べない

朝昼晩、どの食事においても「お腹いっぱいまで食べない」ことを意識しています。

というのもどのタイミングでも満腹になった瞬間に眠くなるんですよね。

 

僕は今でも昼寝を15分〜30分することもあるのですが、満腹になっていると2,3時間くらい余裕で寝ちゃいますからね。となると22時に寝るとか完全に無理。

 

ちなみに食事は炭水化物を食べ過ぎないように意識しましょう。 分かりやすく言うと白米です。おかわり、大盛りをしないだけで食事後の眠気が格段に低くなります。

③外に出る 

 あとはもう外に出ろってことですね。家にいるとベットが近くにあるんで。

机に突っ伏して昼寝していたら、気づけばベットの上にいたとか経験ないですか?

あ、ないですか。僕はむっちゃありますよ。

早起きで有名な作家

一応最後に僕よりも説得力のある巨匠たちの言葉を借りることで、正当性を増しておこうと思います。

村上春樹

「だいたい朝の四時ごろ起きるんだけど、三時に起きたり二時半におきたりしても、そのまま仕事をしてしまう」

「朝起きて小説を書いて走って翻訳して、午後二時ころに終わったら、あとは好きにしています。本を読んだり、音楽を聴いたり、散歩したり、中古レコードを買いにいったり、料理をしたり。」

浅田次郎

この原稿を書いているのは午前六時三十分、ちなみに起床は冬ならば六時、夏は五時ときまっており、しかも起床と同時に完全覚醒するので、ただちに仕事にとりかかる。

原稿執筆はほぼ午前中におえ、午後は読書三昧となる。まさか齢を食ったからこうした時間割になったわけではない。若い時からずっとこの調子である。

 

結果として小説家になったのは、才能でも努力でもなく、早寝早起きの賜物にちがいない。つまりそれくらいこの習慣は威力を持っているのである。

午前中になすべき仕事をおえてしまえば、午後はヒマである。ヒマだから本でも読むほかないというのが真実で、何も仕事の延長として読書をしているわけではない。

 ヘミングウェイ

「早朝にはあなたの邪魔をする人は存在せず、冷えた風は作品を正気に返らせ、文章を書くほどに周囲は暖かくなる」