読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画原作者になるための3つの手段

作家活動 漫画 漫画原作

漫画原作者って興味憧れる

水谷です。作家をしています。絵を描くのも大好きです。でも物語を作る方がもっと好きです。

 

そんな僕が憧れるのは漫画原作者。自分で作り上げた物語が最終的に「絵」になることを(基本的には)約束されている仕事。

 

「楽しそう!!」

「将来はケーキ屋さんになりたい。だって毎日ケーキが食べれるから。」と語る子供くらい愚かな発想を持ちつつも、漫画原作者になる方法を調べてみました。

 

ということで見つけたのはこちらの本。 

漫画原作者は一体「何」を書いているのか

漫画原作者は一体「何」を書いているのか

 

漫画原作者になるための3つのルート

①小説家になる

②マンガ家になる

③まったくマンガに関係ない業界の「プロ」になる

漫画原作者になるにはこの3つの道があります。

結論を先に言うと

ひとつ。小説家になってください。

あるいは、 ふたつ。マンガ家になってください。 ひとりでマンガ家になるのがムリなら、あなたのサイコー(真城最高)を見つけて、コンビマンガ家のストーリー担当になってください。

最後に、 みっつ。まったくマンガに関係ない業界の「プロ」になってください。

ちなみに、サイコー(真城最高)は漫画「バクマン」の主人公一人。作画できる人を見つけて作品を完成させ、持ち込みや応募をしましょうとのこと。

バクマン。 1 (ジャンプコミックス)

バクマン。 1 (ジャンプコミックス)

 

①「小説家になる」

小説家としてデビューし、その本がある程度売れたり、編集の方の目に止まればコミカライズ化されることは十分にありえます。

「どうしたら作家としてデビューできるのか?」という疑問については、以前別の記事で書いたので良かったら参考にしてください。

 

www.mizutanikengo.com

②「漫画家になる」

まずは漫画家としてデビューするし、場合によって作画と原作に分かれるパターン。

本書で面白い話があったので合わせてご紹介します。

某・漫画編集者の方から聞いた話として下記のようなものが紹介されています。

「アシスタントになればいいと思います」 いろいろその説明をお話いただいたんですが、最近、マンガのアシスタントになりたがる人がいないんだそうです。 投稿、即デビュー! 出来なきゃマンガ家の道を諦める。人の手伝いなんてしているヒマはない。それくらいのスタンスの若者が多いと

 

自分の作品を今すぐ描きたいのはわかります。でもそれ、とっかかり(持ち込み・投稿)においてはそのとおりでしょうが、もしそれでデビューが決まったら、連載どうします?

 

一人で週刊なんかムリ。だったらどうする? アシスタントさんを雇いますよね。でも、雇ったアシスタントさんに、どう能率的に動いてもらうか。そのノウハウがなければ、連載も続きません。破綻します。 アシスタントの経験があれば、そうしたノウハウが身につくんですよ。しかも、戦場とも言うべき現場で働くことで、自ずと画力も上がり、給料までいただける。 

 ③「全く関係ない業界のプロになる」

 

これ少しイメージしにくいかもしれません。

もしあなたが何かのプロとして、その業界の人間しか知り得ない「リアル」を持っているなら、それは「作家」としての強みです。

ぜひマンガの原作として活かして欲しい! と編集者に喜ばれ、その「ジャンルもの」の原作者になれる可能性は高いです

 

この一例として「ゆうきゆう」さんを挙げています。

ゆうき ゆう(1970年 - [1])は、日本の精神科医、漫画原作者。ゆうメンタルクリニック総院長[2]。医師業の傍ら心理学関係のサイトなども運営する。また、漫画原作者として『おとなの1ページ心理学』『マンガで分かる心療内科』などの漫画作品を手がけている。

精神科医、心理学の知識を漫画に活かしている方です。

仕事としてニッチな業界を扱っていたり、専門的に語れることがあるのなら原作者として十分通用するんですね。

 

以上3つの道。同然ですがどれでも一筋縄ではいきません。

でも、全く無理な道でもないはず。自分がどれが向いていそうか、是非考えてみてください。 

漫画原作者は一体「何」を書いているのか

漫画原作者は一体「何」を書いているのか