読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロになるなら登録必須の小説投稿サイト8選

作家活動

オススメのWEB小説投稿サイトは?

水谷です。小説を書いています。

日々、WEB小説投稿サイトに作品を出し続けています。ただ、最近では小説投稿サイトの数も多く、あちこちに乱立しているという状況。

一体どれに投稿すれば良いのか迷う方も多いはず。

 

老舗の「小説家になろう」なのか?

タイアップが多い「エブリスタ」がベストなのか?

最近勢いのある「comico」だろうか?

 

ご安心ください。水谷はこれに関して既に一つの答えを出しています。

 

 

 

全部出せ

 この一択です。

 

正直、かなり面倒なのですが(特に誤字脱字を発見した時の絶望ったら。)、サイトごとに編集の方が「今」求めている作品が違っていたり、ユーザー属性も微妙にズレていたりするので、「あっちのサイトでイマイチだったけど、こっちで人気」みたいなことが起こりえます。


もちろんそれは出してみないと分かりません。小説を書いている方、プロを目指している方に是非とも下記のサイトに「全て」登録してみましょう。(最後のSTORYS.JPは当てはまる方だけで)

アルファポリス

arufa 

出版するなら登録しておきたいサービスの一つ。ポイントが1500pt以上溜まると出版申請ができて、出版の検討がされます。

非常にわかりやすい目標のため、モチベーションを保ちながら書くことが可能。もちろん不正に上げたり仲間内で無理やり上昇させたランキングは見抜かれます。


ユーザー数も多くまずオススメのサイトです。
アルファポリス

小説家になろう

naro

最大手と呼ばれる小説投稿サービスアクセスの集まり具合が圧倒的。全体ランキングで10位に入ることができれば、連載、出版化のオファーがあちこちから来るとかこないとか。

このサイト独特の人気のジャンルがあったりもします。(いわゆる「なろう系」と呼ばれる)今で言えば「異世界転生系」が流行っているようです。書籍化されることを見越したシンプルな執筆機能も特徴的。予約投稿機能があるのが嬉しい。

公式サイト

Eエブリスタ

e1
大小合わせてとにかくコンテストが多いです。
1万文字程度の短編。10万文字近くの長編コンテストもあれば「3行からOK」や「このイラストにセリフをつけよう」など気軽に参加できるものも多くあります。既に投稿している作品をそのままコンテストに応募できるのも嬉しいところ。

「まずは自分の実績を作りたい。」という方はオススメ。

有料設定することで、サイト内でマネタイズが可能なのも新しい試みです。

公式サイト


comico

comic

吹き出し機能、キャラクター画像、縦長スクロールなど、「スマホで読み、スマホ上で消費すること」を特徴としたサイトです。公式作家になれば給料をもらいながらの連載となります。

コメント、イイネの反応が良く、モチベーション維持しながら執筆できます。
公式サイト

カクヨム

ka1
「KADOKAWA」と「はてな」が運営する小説投稿サイト。やはり規模感が大きいです。
どことなく小洒落た感じ。コンテストも増えてきてこれからに期待の投稿サイト。

公式サイト

ツギクル

tugi

AI分析で作品の注目度などを教えてくれると話題のサービス。
本格公開は2016年秋らしいです。まだデザインも稚拙な感じですが、新しい可能性を感じ取ったユーザーが続々と登録している様子。

公式サイト 

ピクシブ文芸

f:id:mizutanikengo:20161129180251p:plain

画像投稿サイトと思いきや、小説もがっつり掲載可能。

気楽に評価してもらえるイメージ。執筆のモチベーションになります。これからどこまで拡大してくるのか楽しみ。

ピクシブサイト 

STORYS.JP 

f:id:mizutanikengo:20161129180348j:plain

ビリギャルでお馴染みのサイト。実際に自分に起きた話を投稿できます。

自分の人生の物語を書く場合、ここに出してみるのもアリです。普通に一読者として見ても面白いエピソードや泣ける話がけっこう見つかったりします。まさに事実は小説よりも奇なり。

 公式サイト