読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作品を色々な場所に色々な形で出してみることの大事さ。

作品って意外に届いていない

f:id:mizutanikengo:20161129184824j:plain

水谷です。作家やっています。

 

こうしてブログをやっているということもあり、プロブロガーさんの記事を読むことが多いのですが、相当その人のファンでも、発信全てを追っていることって中々ないのだと気づきました。

ブログは見ているけど、ツイッターは見過ごしていたり、noteは見ていなかったり。え、Facebookもやっているの?なんてことがあったり。

 

これは発信する側からしても非常に大事なことです。いくら自分のファンでも「自分の全てを隅々まで追ってくれているわけではない。」と知った上で情報を出さなければなりません。

また、全く同じ作品でも、出す場所を変えることで、全然異なる層にアプローチできるということも多々有ります。

小説投稿サイトにはひとしきり出しておこう

ということで、自分の作品があるなら投稿サイトにはひとしきり出しておきましょう。

www.mizutanikengo.com

またTwitter、Facebook、インスタグラムをはじめとするSNSはもちろん、最近では@LINEやLINEブログも話題です。クリエイターならnoteでの活動も目指したいところ。

 

ここには小説投稿サイトとは全く異なるユーザーがいます。

小説通には評判が悪くても、文字を読み慣れていない人にはウケるかもしれない。インスタグラムと相性が良いのかもしれない。有料にすることで売れるかもしれない。

色々な出し方をしてみよう

もしあなたが小説を買いているのなら、それはやはり「文章を書くことが好き」なのでしょう。わかります。だって僕のそうだから。良いよね、文章って。

 

しかし!

文章による表現手段は小説だけではありません。ブログ、エッセイもまた表現手段です。場合によってはこっちに向いている人だっている。その可能性を探ってみるのも重要です。

水谷のこれから

ということで水谷も上手く使い分けてみようと奮闘中。

このブログでは引き続き「小説で生計を立てるまで」にまつわる記事を書いていきます。作家活動や最近見た作品についての感想が中心かな。

 

LINEブログではエッセイを中心に書いていきます。等身大の水谷の「叫び」です。

lineblog.me

noteでは精神的な話を書く予定。「結局、成功するまで扉を叩くしかねえんだよ!」的な。半分くらい自分に言い聞かせているやつです。また、ブログの内容をまとめて有料記事にすることも考えています。

 

Twitterでは細切りの情報をどんどん出していきます。これからはコマ切れ消費の時代なんだってさ。とにかく細かく出して、後からブログでまとめる。そんなことが大事のようです。

 

作家としてSNSや各種投稿サービスの使い分けをどんどん試し、またこのブログにてその結果を示していきます。お楽しみに!

 

では今日はこの辺で。