作家の職業病「肩こり」「眼精疲労」に効くツボとマッサージ

肩が痛くてしょうがない

どうも水谷です。
常にパソコンと向き合っているため、肩が痛くてしょうがないのです。

そんな時に「痛い部分を直接揉む」ことをしがちなのですが、調べてみると、周辺のツボを押したり、筋肉をほぐしてあげることの方が効果的だったりします。

ということで、今回は、ちょっとした休憩時間や、トイレに行く時と、電車の移動中にて、サクッとできる「肩こり解決方法」をお教えします。

肩こりに効くツボ

肩こりには「肩自身のコリ」と「眼精疲労からくるコリ」があり、場合によっては「精神疲労」なども影響してくるようです。

そのため、単純に肩をほぐすだけではなく、眼精疲労、精神疲労にも効く万能ツボである次の3つがオススメ。

肩こり以外にも効果があるようなので「とりあえず押しておけ」といった感じで、暇があれば押してみましょう。 

参考サイト:肩こりに効くツボ 厳選3つ! 

百会(ひゃくえ)

hyakune
http://venusmorning.com/I0000534


目の中間と、左右の耳を結ぶ交差点。それが「百会」です。頭の頂点にあり、押すとやや凹みます。

精神的な部分から体が緊張している場合、その緊張を解いてリラックスさせてくれる。刺激は気持ちの良い程度にグっと押して離す、を繰り返すと効果的。

中指・人差し指辺りで押していると、ブヨブヨした物(老廃物?リンパ液?)が周辺に散り、頭の頂点に想像を遥かに超えた大きさ・深さの「くぼみ」を作る事ができる。

これは頭蓋骨の継ぎ目が頭の頂点にあるので、その為のくぼみなのだが、やってみると分かるが時間をかけて押すと(大丈夫なのか?コレ?)というぐらいへっこむ。精神疲労・眼精疲労から来る肩こりに効果大。

天柱(てんちゅう)

ten
http://henzutu.jp/blog-entry-37.html

後頭部の生え際あたりにあるツボです。ありとあらゆるツボに効く、とされています。

人差し指・中指・薬指の3指でグーっと押したりモミモミすると、とすぐに頭がシャキっとして首が軽くなる感覚を得れる。

クロスさせて右手で左側天柱、左手で右側天柱を刺激するのも押しやすい。

  5~10秒ほど痛気持ちいくらいにツボを押し、首を上下させると効果がさらに高まるようです。ゆっくり呼吸をするのも忘れないように。

肩井(けんせい)


kensei
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/288050/

乳首を上へと辿って行った時に、肩の頂点に当たるのが肩井。
5秒程度、押すことで周辺の筋肉がほぐれます。両方を同時にやることが効果的。

肩の体操

続いて肩こりに効く「肩の体操」をご紹介します。

cached

藤丸あおさんという漫画家さんが紹介していた方法。
あまりのもわかり易いためにネットで話題になっていました。
元ツイートはこちら 

肩甲骨剥がし

肩腰の体操といえば「肩甲骨剥がし」 いろいろなタイプがあるのですが、今回は最もオーソドックなものをご紹介します。

knekou

肩まわし

ラジオ体操のような肩回しでは、実際には肩は回っていません。
下記の肩回しが効果的

kata

肩こりには,ツボの刺激だけでなく体操も併用すると効果大です。肩こりに効くものとしては,まず,「肩回し体操」がお勧めです(図4)。両手をそれぞれの肩の上に置き,グルグルと回します。これを10回繰り返します。

「目が疲れる」

執筆をするにしろ、読書をするにしろ酷使するのが「目」

目の疲れが肩こりや体のだるさに直結してくることも多いみたいなので、体の疲れを感じたら「眼精疲労」を疑ってみましょう。

オススメのツボは「太陽」です。
「眼医者殺し」というネーミングついていて、「目に関わる症状なら何でも解決する」と言われています。

taiyou

(元サイトはこちら
こめかみを中指と人差し指で優しくグリグリとしてあげることで、目の疲れが取れます。

最強の組み合わせは「天柱」と「太陽」

個人的にオススメなのは「天柱」と「太陽」の組み合わせ。

ten

①上記の「天柱」のポイントをそれぞれの親指で刺激します。

右手の親指が、上の図の右の箇所、左の親指が左の箇所です。 
ちょうど頭を抱えるようなポーズとなるはず。

②その体勢のまま、人差し指と中指で「太陽」のポイントをごりごりします。

taiyou

この時、頭を上下に動かすと「天柱」が刺激されて良い感じ。
あまり強くやらず、痛気持ちいくらいで止めておくと、目も肩もスッキリするのでオススメです。 

 

一気に効果の大きいふたつのツボを押すことができるのでオススメです!