読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自らチャンスを掴め!あなたの作品を世間に広める5つの秘策

世間はまるで分かっていない、と嘆くより

f:id:mizutanikengo:20161005120629j:plain

水谷です。作家をしています。

自分の作品を世に発表した時、こんなことを思いませんか?

あれ?全然自分の作品には反応がないぞ。なぜだ?こんなに素晴らしいのに。なぜ世間に知られていないのだろう?今話題のあんな作品よりも遥かに良い。全く、世間はクソだ。社会はズルい。汚ねえよぉ大人って汚ねえよぉおおおおお、と。

そんなあなたに伝えたい。

本当に広める努力してますか?

Twitterで告知だけして、申し訳程度に仲間内で相互RTし合っているだけなのでは?

もったいない!もっと広める手段はあるんです。

ということで今回は、小説、漫画、音楽問わず、あなたの作品をプロモーションする方法をご紹介します。

必見やで!!

①リスティング広告

いきなり出費が必要なプロモーション。ですが超穴場。おそらく使っているクリエイターはほとんどいません。

リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンに、お金を払って広告を掲載するサービスのこと。PPCなどと言われることもあります。

f:id:mizutanikengo:20170119161504p:plain

Yahoo!にお金を支払うことで、上の赤い線で囲った場所に広告が出てくるようになります。この広告、莫大な金額は必要なく少額スタートも可能です。

しかも、

「SF小説 オススメ」と検索した時にだけ広告が出てくるようにして、1クリック10円。1日の上限は1000円まで。

などの設定もできるんです。

Kindleで自費出版をしていれば、仮に1冊300円として利益は70%の210円。21回クリックされる間に1冊売れたらトントンということになります。

Kindleで小説を出版する手順と注意点と実際に稼げるのか?の考察

この場合、プラスマイナス0円ではありますが、その中の一人でもファンになってくれたら、その効用は計り知れません。

Googleは審査が厳しいので、まずはYahoo!のスポンサードサーチから挑戦するのがオススメ。

②SNS

みんな大好きSNS。ただし、あなたが飯をどこで食べたとか、どこに行ったとかは心底どうでも良い。そういうのはLINEブログやアメーバの公式アカウントになってからにしましょう。

出すべき情報は二つ。⑴潜在的なファンに向けたツイートと⑵風刺的なツイート

⑴潜在的なファンに向けたツイート

あなたのファンになりそうな人に届く情報。

例えば「ショートショート小説」を書いていたとしたら、星新一さんを好きな人はあなたのこともまたファンになる可能性が高い。ならばそういう方に向けて、星新一さんの情報を発信しましょう。星新一さんの好きな作品、他のオススメのショートショート作家をどんどんツイートし、同じ属性のユーザーと繋がっていきましょう。

⑵風刺的なツイート

「自分の作風+風刺」の作品はやはり拡散されやすいです。この辺はイラスト系のクリエイターさんががやっぱり強いかな。もちろん、他の芸術作品でも十分にできます。

最近の例でいえば、小説なら「ポケモンgo」のショートショートとか、音楽なら「恋ダンス」を歌ってみた系などなど。

自分の味を残しつつも、「世間が反応するような作品」を考えてみましょう。

③企画

自分の行動自体をコンテンツにする方法。いわゆるYouTuberの「やってみた」系です。

例えば、有名ライターのはあちゅうさんは「クリスマスまでに彼氏を作る」という企画をブログで発表したことから話題になりましたし、キンコン西野さんは「分業制で描いた絵本」が注目を集めました。(彼の場合、もともと有名人でしたが)

これまでないやり方で創作をすることで、話題になるのです。

それに対して取材が来たら最高ですが、こちらからプレスリリースを送っても良いですし、今ならクラウドファンディングを絡めてみても面白いかもしれません。

④無料投稿サイト

あらゆす創造物のジャンルに関して、今現在、無料投稿サイトが死ぬほどあります。死ぬほどあるんで、死ぬほど投稿しましょう。全部に投稿するくらいの勢いで。

プロになるなら登録必須の小説投稿サイト8選 

高頻度、長期間、ひたすら投稿することで、ある程度力づくで人気も出てきます。それに比例して実力も上がりますし、何よりも小説に限って言えば、文学賞よりも無料投稿サイト発の作品の方が売れると言われています。(「ウェブ小説の衝撃」より)

ウェブ小説の衝撃: ネット発ヒットコンテンツのしくみ (単行本)

ウェブ小説の衝撃: ネット発ヒットコンテンツのしくみ (単行本)

 

 ⑤応募

最後に超オーソドックスな方法。オーディションでもコンテストでもコンペでも、とにかくどんどん応募しましょう。

「夢をかなえるゾウ」にもありますが「応募」の持つ魔力は底知れぬものがあります。(シリーズ3までありますが、第1弾にて「応募」についての章があります。総合的にも第1弾が人気です。)

夢をかなえるゾウ文庫版

夢をかなえるゾウ文庫版

 

もちろん何かの賞を取れば、人生変わるほどの自信を得ることができる。でも、そうじゃなくても「締め切り」があることで生産性が驚くほど上昇します。

迷ったら応募!とりあえず応募!すぐ応募!もし落ちたら無料投稿サイトに出したり、Kindleで出版したりすれば良いのですから。

「君の膵臓を食べたい」は大手文学賞の一次選考に三回連続で落ちた後、「小説家になろう」にて大人気となり、出版された本だったりします。

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

 

 この辺は「WEB小説ヒットの方程式」でかなり詳しく語られています。

読者の心をつかむ WEB小説ヒットの方程式

読者の心をつかむ WEB小説ヒットの方程式

  • 作者: 田島隆雄,ヒナプロジェクト,博報堂DYデジタル
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/07/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 まとめ

ということで、自分の作品をプロモーションする方法はかくもたくさんあるのです。

①リスティング広告

②SNS

③企画

④無料投稿サイト

⑤応募

一つを突き詰めても、いくつかを組み合わせても構いません。「どうすれば、ちゃんとお客さんに届くのか?」から逃げず、真剣に向き合うことが、これからのクリエイターの使命なんじゃないかな。そんな偉そうなことを思ったり。

 

少しでもあなたの参考になる情報があれば幸いです。ではではー!