「ユダヤ人大富豪の教え」著者、本田健さんの本が、お金の使い方を学ぶのに最高だった

お金は貯める以上に使うのが難しい

前回に引き続きお金についての記事です。

作家として生涯活動したいから投資について勉強してみた - 小説で生計を立てるまで@水谷健吾

想像してみてください。今、宝くじや遺産相続などで1000万円という大金がポッと入ってきたら、どう使いますか?

頭の中に買いたいものが浮かんだり、投資や貯蓄に回そうかなど、漠然とした計画はあるかもしれません。

しかし、具体的な方針や基準をしっかり持てる人は少ないのではないでしょうか?

というか、「お金に使われてしまうのではないか」という恐怖心ってありません?

お金がたくさんあることで友人や家族と仲が悪くなるんじゃないか?

性格が歪んでしまい心の貧しい生活になるんじゃないか?

そんなことを考えてしまいません?

ですよね!ありますよね!

ということで今日はそんな話です。

お金の知識があれば金持ちになることも怖くない

「成功することが怖い」「お金持ちなることが怖い」

「夢があるのにその努力を怠っている人」の心理状態として挙げられるものです。

何かを得てしまうとそれを失うことの恐怖を持たないといけない。または全く新しい世界に見込まないといけない。

それを無意識で怖がっているために、成功することを拒否してしまうことがあるんだとか。

僕はこの気持ち、よくわかります。

そこで大学生の時に読んで衝撃を受けた「ユダヤ人大富豪の教え」を思い出しました。

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

 

本書ではお金のリテラシーの重要性を説かれています。ということで、もっと詳しく知るために著者の本田健さんが書いた他の本を購入しました。

買ったのは「お金が貯まる人の習慣」と「お金と人生の真実」の2冊。

この2冊を読み終え、そして非常に漠然とした感想で申し訳ないのですが、僕はこう思いました。

 

「よし、あとは金持ちになるだけだ(キリッ)」

早速、気になったところを抜き出してみます。

 

(文庫)お金と人生の真実 (サンマーク文庫)

(文庫)お金と人生の真実 (サンマーク文庫)

 

 「世間の常識」によって支出を決めない

まず最も心に残ったのは「お金が貯まる人の習慣」で書かれていたこと。

世の中には僕たちにお金を使わせようとする様々な仕掛けが散りばめられています。

特に大きいのは「生活レベル」の話。

「月収○○円の人はだいたいこれくらいの家に住み、こういう食事をしている」という漠然としたイメージがありませんか?

しかしそれは単なるイメージ。企業のマーケティングです。

それに踊らされてしまうと、仮に給料や収入が増えても、それに伴って支出が増えてしまう。結局、お金の不安は消えないのです。

本書では「収入」と「支出」をリンクさせない重要性を述べています。

仮に収入が増えたとしても今の生活で不便がないのなら意味なく使うお金を増やさないことが大事。

むしろ自分の収入レベルより支出レベルを2つ下げることを推奨しています。

自分へのご褒美はワクワク感で測る

これも「お金が貯まる人の習慣」からの話。

ボーナスなどまとまったお金が入った時、その金額に応じて自分へのご褒美を決めるのもまた、世間の声に惑わされていることになります。

それよりも、自分が最もワクワクできること、癒しになることをご褒美として選ぶべき。

それが結果的に高額な物かもしれませんが、あくまでも「最も自分にとってご褒美となるのはなんだろうか?」という視点で考えることが重要です。

結局、人に投資するのが最もお金の不安から解放される

 同じく「お金が貯まる人の習慣」から。 

最終的には人を喜ばせることに自分の労力やお金を使うことが、最もお金の不安から解放されます。

特に1週間家に泊めてくれる友達が50人いれば、1年は生きていけるわけです。

根本的な「いざという時に助けてくれる人が周りにいる」という感覚は、じんわりと僕たちが持っている不安を癒してくれるのです。

20代ではお金を貯め込まずに次に流す

「お金と人生の真実」からの話

 20代のうちにお金を貯めこむだけでは人間の器が小さくなってしまうと本書では書かれています。

例えば目標貯金額が1000万円ならば、最初に貯まった1000万円を次に流すことで、新たに2000万円、3000万円となって帰ってくるらしいです。

未来のキャッシュフローに使う

もちろんそれは浪費しろということではありません。

人脈、投資、経験、技術など「未来のキャッシュフロー」のために使えと書かれています。

新しい人と会うため、

投資をするため、

今までしたことがなかったことを経験するため、

何かを勉強するため、

今あるお金はどんどん使っていこうということです。

まとめ

ということでまとめるとこの2点!

・今の財産云々ではなく「自分にとって必要かどうか?」という視点を持つ

・(特に20代のうちは)必要だと判断したものにはお金を惜しまない

これらはお金持ちになる以前の段階(つまり今すぐに)でも十分に実行可能です。

むしろ、それができる人だからこそお金持ちになるのかもしれません。

 

ぜひ参考にしてみてください!では!