読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達とシェアハウスするなら、これが最強の探し方なんじゃないか!

シェアハウスがしたい

水谷です。作家をしています。

出来る限り作家として長く生きたいと思っていまして、日々の固定費を極力減らしてみたり、

月2万円以上の節約効果!クリエイターはWiMAXを使ったほうが良い理由!

余ったお金を積み立て投資に回してみたりしています。

作家として生涯活動したいから投資について勉強してみた

しかし、やはり固定費として見過ごせないのが家賃。郊外に住むとか希望の条件を下げてみるとか色々ありますが、最近では「シェアハウス」も立派な選択肢となってきました。

シェアハウスしたい熱が高まっているこの頃

実は大学生の頃、高田馬場駅で友達とシェアハウスをしていました。

その時の出来事を綴ったコラム→シェアハウス | なるほどですね。

家賃も安いですし、資金礼金もかからない。家具だってほとんど揃っている。

しかも家にこもってパソコンをいじっていることが多かったので、毎日のちょっとした雑談が気分転換になる。

完璧やん

ただ、当時付き合っている彼女と同棲を始めたりもして(その半年後、フラれました)、そのシェアハウスは出てしまいました。

でもあの時の楽しさは忘れることができない!

そして、どうやら他のメンバーも同じ気持ちだったようで、「またシェアハウスしたいね!」という話が浮上し、再び物件を探し始めているのです。

友達とシェアハウスするのってけっこう大変

シェアハウスをする場合、大きく二つのパターンに分けられます。

①住人を募集しているシェアハウスに入る

②希望者で一つの物件を借りる

友人同士でやろうとする場合、②になります。しかしこれはなかなか大変。

仮に3,4人で住むにしても家賃がそれなりにかかります。

となると審査に通るのが結構、難しい。新婚さんが使うような物件でも、友人同士のシェアハウスだと断られてしまうこともあるんだとか(友人同士の方が解散する可能性が高いから)

さらに作家はお世辞にも社会的な信用がある職業とは言えない。加えて20代半ばの男が一緒に住めば「こいつら騒ぎそうだな」と大家さんに思われるのは必須。

ということで良い物件を見つけるのは骨を折りそうだな、なんて思っていたのです。

しかし!

まさに僥倖ッ!・・見つけたッ、起死回生のッ・・・裏道ッ!

Colishという最高サービスを発見!

colish.net

こちらのColishは「一緒にシェアハウスしたい人」をマッチングするサービス。

既に物件を借りている人が「一緒にすみませんか?」と呼びかけているわけです。

で、「定員6名。あと4名募集!」みたいな案件がゴロゴロ転がってるんですよ。ここに友人たちと申し込めば、審査は既に通っているし問題なくシェアハウス始められそうなのです。

続報を待て!

ということで、7月くらいからシェアハウスできるように準備を進めています。

もし進展があればこちらのブログでご報告します。では!