芸人バトルロワイヤル「ドキュメンタル2」やるみたいだから前回の振り返りと考察をしてみる

松本人志企画「ドキュメンタル」

賭け金100万円を手に、10人の芸人たちは1000万円を獲得するためのゲームを始めることになる。

ゲームのルールは簡単。部屋にあるありとあらゆるモノを使い、言葉巧みに小道具巧みに使い自分以外の芸人を笑わせるというお笑いサバイバル。基本的には自分が笑わなければ何をしてもいい。

他の芸人と手を組んで潰す芸人を決めても良ければ、地上波では放送することのできない恥部を露出してもBPO的にも大丈夫。

当作品は(今の所)アマゾンプライム限定の作品。

既にシーズン1は完結しているのですが、参加者を変えてシーズン2が4/26(水)から放送されます。

www.mizutanikengo.com

www.mizutanikengo.com

前回の振り返り(ややネタバレあり)

前回のシーズン1の問題点として挙げられていたのは「自分から攻撃を仕掛けるメリットがない」という点。

誰かを笑わそうとすれば逆に笑わせられたり、自分の発言で笑ってしまうこともあります。それ故に発言せずに黙っていた方が有利じゃん!という指摘がされていました。

確かに最終決戦では硬直状態となっているシーンも確かに多かった。

次回作の改善点

f:id:mizutanikengo:20170416104808j:plain

それも踏まえた改善が次回作では行われているのかなと思います。

というのも参加者がこんな感じ。

シーズン2の参加者は、シーズン1に続いての参加となる宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、ジミー大西の3人と、初参戦となる日村勇紀(バナナマン)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、小峠英二(バイきんぐ)、大島美幸(森三中)、津田篤宏(ダイアン)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、斉藤慎二(ジャングルポケット)の7人。シーズン2も個性豊かな芸人たちが、本気の笑いのバトルを繰り広げる。

松本人志の『ドキュメンタル』シーズン2、参加者10人発表 | ORICON NEWSより)

ぐいぐい行くタイプの芸人さんが多い印象です。そして前回、早々に脱落したとしても自ら仕掛けていった芸人さんは今回も参加している様子(他の前回参加者が参加を拒否したのか、招待されてなかったのかは定かではありません)

ちなみにこんな記事も書いていたのですが、

www.mizutanikengo.com

全然的外れだったってことか……

「ドキュメンタル2」もAmazonプライム限定配信

「ドキュメンタル」はAmazonプライム限定の作品。

www.amazon.co.jp

-Amazonプライム

年会費3,900円で、プライムビデオがブラウザ上で見放題だったり、Amazonからの商品を「お急ぎ便」や「日時指定」で受け取れるサービス

Amazonプライムの映像作品はドラマ、映画ともにけっこう充実しているんですよ。

www.mizutanikengo.com

ちなみに「30日お試し視聴」もできます。

今回の「ドキュメンタル」は、2016年12月中にシーズン1が全て配信されるので、それを全部見た後に解約しても間に合います。

Amazonプライムはこちらから。