東宝「レミゼラブル」を楽しむハードルは意外に高いよ!これを見て準備しておこう!

レミゼラブルを観てきました

水谷です。レミゼラブルを観てきました。

 

f:id:mizutanikengo:20170603183952j:plain

(写真は友人です)

率直に言って最高でした。興奮しました。震えました。

 

僕が見に行ったのは乃木坂の生田絵梨花さんが出ている回。

毎週「乃木坂工事中」を観ている僕にとって、さらに楽しめた作品だったと思います。

が、一つだけ思ったことが。

 

「レミゼラブル」を楽しむためのハードルって高いな!!

ということで、今日はその点についてつらつらと。

実は2年前に見に行っていました

実は僕、2年前にも「レミゼラブル」を観に行っているんですよ。

その時は一人で帝国劇場に乗り込みました。

正直、前半は意味不明でした。

 

というのも今まで映画版すら観たことがなく、なんとなくフランス革命の話だと知っていたくらい。

 

この程度の前提知識だと

(・Д・)

となります。

 

そして

(・Д・)

の状態がしばらく(特に第一幕)は続きます。

 

できれば映画版「レミゼラブル」、最悪でもウィキペディアのあらすじを把握しておくのが良いです。

前提知識が必要な二つの理由

①作中の「時間経過」にマジで追いつけない

例えば映画版では、作中で長い年月が経過した場合には字幕でそれが表記されます。

 

しかし舞台では一瞬の暗転のみ。

そのため、知らない人はここで急に物語に追いつけなくなります。

 

加えて出演者が多い作品であり、主要キャラが追われる身ということで顔を隠していることもあって、初見だとキャラクター把握がけっこう難しいです。

 

特に僕が2年前に困惑したのが

・「ジャンバルジャンが仮出獄をしたシーン」と「ファンティーヌが登場するシーン」の間。

・ジャンバルジャンがコゼットを迎えに行った後の時間経過

この2つ。

 

どちらも結構な時間が経っていますが、一瞬で次のシーンに移ってしまいます。

②常に歌っているので正規の発音じゃない場合がある

レミゼラブルは会話のほとんどをメロディーに乗せています。

そのため、発音が通常のものと異なることもしばしば。

「え?今なんて言ったの?」

となりがち。

 

逆に一度でもレミゼラブルを観ているなら、常に音楽で満たされたレミゼラブルの世界にどっぷりと浸ることができます。

行く前にしたほうが良いこと

映画「レミゼラブル」を観る

先に映画を見ておきましょう!

「えー、オチがわかっちゃうじゃん!」と思うかもしれませんが大丈夫!

レミゼラブルはオチがわかっても十分に楽しめます。

 

むしろ展開を知っているほうが上記で挙げた点でストレスを感じることがないと思うのでオススメ。

 

Amazonプライムなら映画「レミゼラブル」を無料で観ることができます。会員の人は是非。

まだの人はこの機会に登録してのもアリです。年間2,980円程度。

Amazonプライムなら「無料」で視聴できるオススメ映画・ドラマ 

サントラを聴いておく

何が良いってレミゼはやっぱり音楽。

 

「うわ、この曲良い!」

という感激もありますが、

 

「きたきたこの曲!!」

と待ちわびるのもまたミュージカルならではの楽しみ方。

 

第一幕の曲ならYouTubeにあがっているので、興味ある人は聞いてみてください。

www.youtube.com

オススメは「囚人の歌」「1日の終わりに」「宿屋の主人」。吹き替え版です。

また原曲はAmazonプライムで聴くことが可能です。

本番はこの辺に注目すると面白いよ!

オペラグラスはソロ歌だけ

f:id:mizutanikengo:20170603190954j:plain

今回、僕は2階席だったのでオペラグラスを使いました。

一人ひとりの表情を見ることができるという利点はあるのですが、その役者の顔しか見えないという欠点も。

 

アンサンブルも含めて、全員がちゃんと意味のある動きをしているので、オペラグラスを使うのはソロの歌シーンくらいにとどめておきましょう。

あとオペラグラスを友達二人で交互に使うのは、その度に現実に引き戻されるのであまりオススメしません。

スタンディングオベーションしよ

とりあえずスタンディングオベーションしましょう。

これができるのもミュージカルや舞台ならではです。ちょっとした貴族気分になれるのでオススメ。

 

僕は感極まった挙句、

ふぉー!!

と叫んでいました。

 

ということでレミゼラブルを観に行く人は是非是非、参考にしてください。

ではでは!!

ふぉー!!

f:id:mizutanikengo:20170603191309j:plain

(写真はレミゼとなんら関係ないポーズ)