1日でも多く創作時間を確保するための節約術!

1万円節約すれば1日創作できる

f:id:mizutanikengo:20170930034553j:plain

今現在、「水谷健吾」という名前でいただいたお仕事で生活費を賄っています。

それができたのはここ1年くらいの話。

 

それまではフリーランス的に活動をしながら、空いた時間で小説を書いていました。

しかし、次第に自分の名前を出さない仕事に時間を費やすのは、もったいないと感じるようになりました。

自分の名前を出した仕事で1日を埋める

「水谷健吾」としての仕事なら、それは自分の知名度アップに繋がる。

また、新しい作品を作り、仮にそれにあまり反応をもらえなかったとしても、形を変えて別の場所で披露することができる。

 

これらは全て「自分がなりたい姿」に向けて、着実にステップを積み上げています。 

だからこそ、1日の全てを「自分の名前で活動する時間」にしたかった。

収入を増やすより、支出を減らせ

その際、「水谷健吾」としてもらえる収入を増やすというのも一つの手。

ですが、実は支出を減らす方が圧倒的に簡単だったりします。

 

といっても節約のために創作の時間が削られてしまうのは本末転倒。

ということで今回は、手軽に出来てなおかつ効果的なものをご紹介!

シェアハウスに住む

まずは「住」の部分。理想は実家住みですが、それが叶わないのならシェアハウス一択です。

郊外であれば、自分の部屋もちゃんとありながらも非常に安い値段で住むことができます。

 

また電気代込みの場所が多いのが嬉しいところ。

やはり家で仕事していることが多いため、夏はクーラー、冬は暖房を使いがちです。

どれだけ使っても一定!素晴らしい!

アマゾンで服を買う

「衣」の部分。僕はあまり服を買うタイプじゃなく、四半期に一回買えば多い方。

で、こういうやつがお店で買おうとすると、非日常的な空気に酔ってしまい、あれもこれもと似合わない服を買ってしまうんですよ。

 

ということで、そもそも行くのが億劫ということもあって、最近はアマゾンで買うようにしています。

家で試着してみると、けっこう冷めた目で「似合わないな」と思うことができるんです。

 

好みと合わなかったり、サイズが違う時は無料返品できます。

頻繁に返品するとアカウントが停止するみたいなので、たまに服買うよってくらいの人は使ってみると良いかもしれません。

ご飯炊く+お惣菜

それほど料理にもこだわりません。毎日外食だとお金がかかるし、逆に毎日自炊は時間が取られてしまう。

そんな人には「ご飯+お惣菜」が最高です。シェアハウスなので色々と料理器具は揃っているのですが、ほとんど使っていません。

 

また、覆面調査サービスを使って食費を浮かすという方法もあります。

「飲食店に行き、そこの清潔さやサービスをアンケートに記入すれば、報酬として食費が0円」みたいな案件が多めです。

ジャパンモニターショッパーズアイといったサイトが有名なようです。

募集案件によって地理的な偏りがあるものの、外出のついでに利用できるなら上手に活用したいところ。

クリエイターが副業を組み合わせて「創作」中心の生活を送ると、圧倒的なパフォーマンスを生み出せるたった一つの理由 

Wi-Fi

絶対的に必要なのがWi-Fi。

 

格安SIMとか意味わかんないという方は、とりあえず

①Wi-Fiは「WiMAX」(上限3日で3GBを超えなければ使いたい放題)

②スマホ自体のプランを一番データ容量の少ないやつ(2GBとかでOK)

に変更するだけでかなり割安になります。

 

1,2万円くらいは簡単に削れるんじゃないですかね!

www.mizutanikengo.com

クレジットカード 

クレジットカードのポイントは意外にバカにできません。

特に専業作家になると作りづらくなるので、学生の方、会社勤めの方は今のうちに作っておきましょう。

www.mizutanikengo.com

勉強代

創作に携わる以上、その道のプロが作った作品を見ることが多いはず。

ただ、毎回舞台公演に足を運んだり、映画館行ったり、本や漫画を揃えていたりしたらあっという間に出費がかさみます。

 

ということで月額サービスを利用しましょう。もちろん有料なので、本当に元が取れそうという方だけにオススメします。

舞台公演

映画よりも値段が高くなりがちな観劇。

「観劇三昧」なら月額980円で有名団体の作品が見放題です。

舞台観劇好きへ。本当に「観劇三昧」がお得だからぜひ使って欲しい 

映画・ドラマ

映画ドラマならNetflixやHuluがやはり有名ですね。僕はアマゾンでの買い物が割引されたり即日配達を可能にしてくれる、Amazonプライムに入っています。

映画、ドラマもけっこう充実しています。

Amazonプライムなら「無料」で視聴できるオススメ映画・ドラマ

各種漫画アプリ

もはや漫画は「基本的には無料で読んで、どうしても気に入ったものだけ買うもの」という認識になっている気がするこの頃。

ジャンプ+(iOS版Android版

週間連載形式で更新されるサイト。

「ヒカルの碁」「幽遊白書」など、かつてジャンプで連載されていた名作が読めたり、

「ピューと吹く!ジャガー」「スケット・ダンス」を連載していた方の新作が読めたりします。

マガジンポケット(iOS版 Android版

こちらはマガジン系列。

「金田一少年の事件簿」を犯人視点で描いている作品が面白い。

「カイジ」のスピンオフ「トネガワ」のような哀愁があります。

マンガワン

オリジナル連載漫画のレベルが非常に高い!「モブサイコ」「出会って5秒でバトル」「灼熱カバディ」読んでいます

マンガBANG

 昔の名作を無料読むことができるイメージ。「カイジ」「クロカン」など。

お金よりも時間が大事

やはりこれからは時間の方が大事。

アルバイト的に労働は極力減らし、自分の名前によってマネタイズできる方法を模索しましょう。

 

ということで今日はこの辺りで!ではではー!