【不気味な旅行】アーティストの闇を感じる街「中之条」を散策!

群馬県「中之条」

水谷です。旅をしてきました。
「不気味スポット」シリーズ2発目です!
 
今回訪れたのは、群馬の「中之条駅」周辺。
 
「また群馬かよ」という声はそっとしまっていてください。
水谷、直近の旅行4回のうち3回は群馬です。

www.mizutanikengo.com

Twitterで話題になっていたオブジェ(?)

きっかけは上のツイート。

 

誰かのRTが回ってきて、

「何これすごい!ムッチャワクワクするやんけ!どこで見れるの?……え?群馬!?俺と馴染み深いあの群馬?これはもう行くしか!

と速攻で宿を押さえました。

「中之条」ビエンナーレ

f:id:mizutanikengo:20171007013514j:plain

実はこのオブジェ、「中之条」という地域で開催されているビエンターレの一環で、とあるアーティストの方が作ったのものでした。
 
 
おそらく皆さんにおかれましては「ビエンナーレ」という言葉など知るはずもなく、
「は、ビエンナーレ?なんだそれ。小難しい言葉使ってんじゃねえぞ」と憤っていることかと思いますので、
 
 
同じく「は、ビエンナーレ?なんだそれ。小難しい言葉使ってんじゃねえぞ」と憤ったこの僕が調べた結果を共有しておきます。
 
 
ビエンナーレとは「1年おきに開催される美術の展覧会」。
 
中之条地域ではあちこちに美術の展示物が置かれていて、話題になったのはその一つだったんですね。

親都(ちかと)神社

そして話題の展示物があるのがこの「親都神社」 
 
f:id:mizutanikengo:20171006104802j:image
可愛らしい入り口。
 
 
 f:id:mizutanikengo:20171006105201j:image
青い光の灯った街灯が建てられています。素敵。
 
 
 
 
そして……
 
f:id:mizutanikengo:20171006110528j:image
 
イター!!
こいつを見たくてここまで来たんだ!
 
彼(?)は神社のあちこちにいて、それはまるでこの神社に住み着いている守り神のようでした。

結構明るい時間に着いてしまった

写真でも分かる通り、まだまだ陽が昇っています。
「なんかイマイチ迫力出ねえな」と思ってました。
 
 
ということで日没までの1時間。
別の場所を見て回って時間を潰すことに。
 
詳しい様子は動画に公開中します!
今後もこのような場所の映像をアップするので、ぜひチャンネル登録を!(追加した時に通知されます)
 

 空いた時間で食事

そして、今回の旅のもう一つの目的は「可能な限り、動画や画像コンテンツを生み出す」ということ。

といえば絶対に外せないのが「食事」です。

 
 
 
 
……完全に撮影、忘れてたよね。
正確に言えば、最初の昼食を食べた後、思い出しましたよね。
 
 
 
 
ということでまずはこの写真を見てください。
 

f:id:mizutanikengo:20171007022144j:plain

食べた後のそばです。僕のフォルダに残ってるのはこれだけでした。
 
 
しかし僕も作家の端くれ。画像がないなら文字で補えば良いじゃないか!
ということ、ちょっと頑張ってみます。
皆さんも頑張って想像力を膨らませてください。 
「天もりそば」
そもそもこれは「天もりそば」だったものです。そばに天ぷらという組み合わせ。跡形もないですが、大きな「かき揚げ」と確か「ナス」がありました。 
 
僕、天ぷらはサクサクよりもお汁に浸しながら食べるのが好き。
となると、気付いたらけっこうな量の汁が減ってることもあります。
 
 
蕎麦をつけるにしては物足りない。
 
で、もう一回この画像を見てください。

f:id:mizutanikengo:20171007022144j:plain

上の方に赤いポットが見切れているかと思います。
 
「ふむふむこの赤いポットで汁を足せるわけね」
そう考えた僕は、まだ麺がほとんど残っているのに、ポットの中身を継ぎ足しました。
 
 
 
 
「そば湯」でした。
 
味うっす!ぬっる!
 
このお店の名誉のために言うと、普通に食べたら絶対に美味しいんですよ。
僕の不手際で台無しにしてしまった。本当に申し訳ないです。
  
 
 
ちなみに下記の画像右上にある「食べかけのサツマイモ」ですが、
 
f:id:mizutanikengo:20171007022144j:plain
 
 
これは純粋に固かったわ。

日没までの時間、山奥の小学校へ

その後、まだ時間があったので、さらに山奥にある小学校へ向かいました。
 
 f:id:mizutanikengo:20171009004819j:image
(途中にあった謎の看板)
 
 
どうやらこの小学校もまたビエンナーレの舞台となっているようです。
 
f:id:mizutanikengo:20171009004855j:image
ここもここで「闇」を感じる作品があちこちに。
 
こちらに関しても、動画にして近日公開予定です。

日没

ちょうど小学校を出ると、良い感じに陽が沈んできました。
まさに「かたわれ時」
f:id:mizutanikengo:20171009004958j:image
 
周辺は街灯がほとんどありません。
となると光量的に、動画を撮ることができるのかと思う人もいるでしょう。
 
大丈夫!
ちゃんと僕は懐中電灯も用意しておいたのです。
 
新宿からバスに乗る前に東急ハンズで買っておいたのです。
 
 
 
 
まさか電池が別売りとは思いませんでしたよね。
ボタンをいくら押しても、うんともすんとも言いませんでした。
 
近くにはコンビニもない。
ということで1つの結論を導き出しました。
 
「タクシーの運転手さんに借りよう!」
 
 
ということで、お借りした懐中電灯を使って撮影しました。
雰囲気としてはこんな感じ。
 
f:id:mizutanikengo:20171009005723j:image
青色の照明が怖い…。
 
この闇の中、あいつがどのように撮れたのか…?
動画に収録しています(つまり……言いたいことは分かるよな?)

夕食

撮影を終えた後、そのままタクシーで宿まで向かいました。
 
f:id:mizutanikengo:20171009005030j:image
(途中で見つけた回収箱)
 
とりあえず今日はこれで終わりだろうと思っていたのですが、
ご存知の通り僕ってコンタクトじゃないですか?
 
 
 
洗浄液忘れてたんですよ。

コンビニ探し

しょうがない買いに行くかと調べてみると、一番近いコンビニが宿から徒歩40分

 

ただ、最寄り駅まで徒歩30秒。

歩きたくない僕は、電車に20分乗って、市街地「渋川駅」へ 。

 f:id:mizutanikengo:20171007160428j:image

(宿の最寄駅はかなり寂しい感じ)

 

 f:id:mizutanikengo:20171007160445j:image

(地元を思い出す電車)

 
無事、「渋川」駅に到着。
コンビニで必要なものを買い、次の電車を調べると21時ちょうどのようです。ちなみに今は20時25分。
 
 
結構寒い。

海鮮系「ファミレス」

ふと辺りを散策すると、近くには地元密着型のファミレスがありました。

f:id:mizutanikengo:20171007023944j:plain

そうだ、ついでに夕食を食べてしまおう。
 
どうやらこのお店は海鮮系が中心の様子。
 そこで、「お寿司」「丼」かで迷ったんですよ。
 
現在は20時35分。電車は21時。つまり残り25分で食事を終えなければなりません。
次の電車を逃すとまたしばらく待つ羽目になります。
 
可能なら5分。遅くても10分で注文してから出てくる料理でなければならない。
 
ならば丼だろう!
早いのは間違いなくこれだろう!
 
ということで「サーモンとアボカド丼」を頼みました。

今度は写真をしっかり撮った

そして届いたの料理がこちら。
f:id:mizutanikengo:20171006115641j:image 
美味しそう!
 
ちなみに、注文する前からこれが運ばれていたんですよね。
 f:id:mizutanikengo:20171006115654j:image
普通ならこの醤油、丼の上からかけちゃいせまん?
 
ただ、賢明な水谷はこう思ったのです。
「この料理。もともと醤油の味、もしくは『わさび醤油的』な味が付いているのではないか?」
 と。
 
結論から言えばこの判断は英断でした。
 
「さすが!さすが過ぎる俺!やっぱ本物の男ってこういう時に正しい判断を下せるよね」
 
そんなことを思いながらも僕は5分で丼を食べあげ、55分に店を出ると駅までダッシュしたのです。
 
 
 
 
(完)