そろそろカタンの攻略法について語ろうか

カタン攻略法

当ブログでは過去何回かに分け、カタンについての記事を書いてきました。

www.mizutanikengo.com

 

そして今、「そろそろカタン攻略について書く時期だろう」「読者の方々も待っている頃合だろう」ということで、この度、筆を取らせていただきました。

お初にお目にかかります水谷です。

 

わたくし水谷は、普段は作家をしているのですが、それはあくまでも仮の姿。

本業は、何を隠そう「カタンの開拓者たち」の開拓者として、このゲームをさらに広めようとする伝道師なのです。

 

具体的にはオリジナルのルールを考えてみたり、上級版である「騎士カタン」をしっかり解説してみたり。

カタン上級者へ!追加ルール「壁カタン」のルールと楽しみ方! 

酒とカタンが好きな君へ!追加ルール「タンタ・カタン」のルールと楽しみ方!

爽快感が凄い!追加ルール「3人カタン」のルールと楽しみ方

 

そして今、「カタン 攻略」などの検索ワードでこの記事を見つけた皆様におかれましては、

今もなお全く本題に入らない当記事を見て、困惑と憤りを覚え、閉じるボタンに手をかけようとしていることでしょうが、

 

もう少しお待ちください。

もう終わります。

 

 

……

いや待って、うんやっぱ終わらんわ。

 

てか、ちょっと口調もいつもの感じに戻すんですけど、

別に終わる必要ないですよね?

 

だってここは俺のブログなわけだし、どのタイミングで本題に入ろうが俺の自由じゃん?

 


それをなに?

「直帰率」やら「サイト回遊時間」やらを気にして、タイトルに入れたキーワードを指定回数入れる事だけ考えて記事を書けってか?

 

ふざけるんなって!

 

 

 

あー、なんか腹立ってきたな…

たまたま初見でこの記事を見かけたあなたには本当に申し訳ないんですけど、

 

この記事、もうこれで終わって良いですか?

いやね、この文章書きながらふと思ったんですよ。

 

 

こいつら(あなたのことです)きっと

「そうはいってもカタンの話するんでしょ?」と思ってるんじゃないか?って

 

 

だってタイトルとは一切関係ない内容で終えるとか、SEO的には完全に悪手ですからね。

 


ただね、僕からしたら「見透かされているという事実」が腹立つって話なんですよ。

 


誰に腹立つかっていえば、いやもちろんお前にも普通に腹立つんだけど、一番は自分自身ですよね。

 

 


だって作家なんて、読んでる人の期待を裏切ることが仕事じゃないですか!

更に言えば、予想外の展開、予想外の結末が水谷健吾のウリなんじゃないのか?

いやいやバレてるやんw

お前がやろうとしている展開、見破られてるやんw

自分で自分を笑ってしまいましたよ!

 


ということで、マジで終わりますわ。

カタン攻略についてはまた次回書きますわ。


では!また!

 

 

 

終わるからね!?


ほんとのほんとに終わるからね!

 

終わり!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、終わるつってんじゃん
そっちが見てくるとこっちも終わらんわけよ。終わるにも終われんわけよ。

 

 


あれか、電話を先に切れないタイプか君は?

じゃ、終わるよ?

 

 

あっさり終わるよ?

 

じゃあね!