米津玄師「 LOSER」の前髪のくだりでフフッてなる

 米津玄師「LOSER」

こんにちは水谷です。

 

米津玄師 MV「LOSER」 - YouTube

つい最近、米津玄師の「LOSER」という曲にひどく心酔していまして、

ここ数日もっぱらこればっかり聞いています。

 

朝起きたらLOSER、電車に乗ってLOSER、昼飯食ってLOSER、家に帰ってきてLOSER。

四六時中、負けっぱなしの毎日です。

 

この曲はテンポも良く、聴いているだけで「なんか楽しい」と思える魅力があるのですが、

 

歌詞の中に古今東西の引用が散りばめられていて、流す度に新しい解釈を見つけ、「ほうほうなるほど」と感心できるのです。

 

 

「踊る阿呆に見る阿呆」を側から笑う阿呆か……。なるほど素晴らしい現代的な風刺だ。

 酸っぱい葡萄。これはきっと童話の「酸っぱい葡萄」からきているんだろうな。

他にも色々あるのですが、まぁ大体はこんな感じです。

 

そしてその中で

膝抱えてもなんもねえ ほら長い前髪で前が見えねえ 

というフレーズがあります。

 

正直ね。 

いやぶっちゃけね? 

 

毎回ここで

「ふふっ」

ってなるんですよ

 

そして同時に、この写真を思い出してします。

 f:id:mizutanikengo:20171213224731j:plain

膝抱えてそう!

前髪が邪魔そうー !!

 

ちなみにここで

「あ、水谷。米津玄師をバカにしたでしょ」

と思ったあなた。

 

それはとんだ勘違いです。早計です。

落ち着いてください。怒るのちょっと待ってください。

 

米津玄師好きの友達同士で作ったLINEグループ「よねづ」に「まじこのブログうざいんだけど」とリンク貼ろうとしている手を止めてください。

 

 

……大好きですよ?

大好きなフレーズなんですよ! 決まってるじゃないですか!

大好きだからこその

「ふふっ」

ですよ。

  

説明します。

膝抱えてもなんもねえ ほら長い前髪で前が見えねえ

 

この1フレーズは、

この1フレーズ"だけ"は、

LOSERの歌詞全体の中で……いや、あらゆる米津玄師の曲の中で、

もっとも素の玄師が見える箇所だと僕は思っているんです。

 

ちなみに今初めて米津玄師のこと「玄師」って呼んだのですが、どうですかね?

僕なりの親しみを込めたつもりでしたが。

 

親しみ現れています?

ちょっと不安です。

そもそも、この人を「米津」と「玄師」で区切って良いのか分からないし。

 

 

まぁ良いや。話を戻します。

膝抱えてもなんもねえ ほら長い前髪で前が見えねえ 

この歌詞では、素の玄師が見えるよって話です。

 

「素」というのは、当然ながら米津玄師が所属している事務所ソニー・ミュージックレコーズの方針とか、

彼の曲を広告で利用している代理店の戦略とか、

こういった外部からの意思が入り込んでないというのはもちろんのこと、

彼自身がLOSERっていう曲に込めた想いとか、ひとつひとつの言葉に深い意味をもたらす世界観とか、

そういったものまで一切合切全てを取り除いた上で、

 

「髪が邪魔!」

と主張しているという点です。

 

ちなみにMVは先ほども挙げましたがこちら。

 米津玄師 MV「LOSER」 - YouTube

 

この動画を見て、本来なら一人のファンとして

「え、米津玄師って踊れるの?しかもうまっ!」

と感動するべきだと思います。

 

でもやっぱり僕は前髪気になりましたから。邪魔そうだなぁ、転びそうだなぁ、って。

 

 

それで、ふいに思ったんですよ。

 

 

もしかしてこの「前髪邪魔だ」のフレーズって、実は歌詞が完成し、曲も出来上がり、いざMVを作ろうと実際に踊ってみたタイミングで、

その瞬間になって、

「あ、邪魔だわ!」と感じた玄師によって差し替えられたものではないでしょうか??

 

それくらい「彼の本音」を感じるんです。

彼の叫びが聴こえるんです。

 

  

まあね

だから何?

って話なんですけどね。

 

うん、そんな感じ。

 終わりです。

 

 

ちなみにLOSERといえば、バナナマンのコント「LOSER」も好きです。

【バナナマン】 loser - YouTube

こっちはルーズな人という意味ですが