クリエイターは生き方でマネタイズする

生き方でマネタイズ

f:id:mizutanikengo:20180314153156p:plain

水谷です。作家とYouTuberをしています。

クリエイターとして暮らしていくためには、作品以外のところでも収入源を持つ必要があります。

 

今回紹介するのは、おそらくこれからも簡単には廃れることなく、そして再現性がある方法です。

それが「生き方でマネタイズする」というもの

「作家なのに○○してみた」

僕は作家です。日々、物語を書いています。

ちょうど1年前、友人たちとYouTuberを始めました。企画動画を撮りつつも、ドラマ風の作品も定期的に挙げています。

 

チャンネル登録者数も3000近くになり、普通のYouTuberとは違った色を出せているんじゃないかと考えています。

生き方がコンテンツになる

YouTubeには広告収入もあります。

演劇作品も出しているので、視聴者が舞台公演へと来てくれてそこでマネタイズするという方法もあります。

 

しかし「作家がYouTuberをやってみた」ということ自体もまた、十分なコンテンツになります。

noteで有料版版しても良いし、Amazonに出しても良い。

ブログで情報を発信していけば、出版社から声がかかることもあるでしょう。

確固たる武器を見つけ、新しいことにどんどん挑戦する

僕の場合、自分の大きな武器は作家であること、もっと言えば「ショートショートを作れること」にあります。

 

それを、全く別ジャンルの何かとくっ付ける。そして、結果を出すまでの過程をブログで発信し、まとめてコンテンツにする。

 

即効性のあるテクニックではありませんが、流行り廃りのあるエンターテイメント産業において、有効性の高い戦い方だと思っています。