「脚本の面白さ」以外の魅力を用意する

映像作品の可能性に気づいた僕

水谷です。

脚本家YouTuberやっています。

 

映像作品を週に一本、作っています。

www.youtube.com

これまでは「脚本としての面白さ」に焦点を当て、作品を作ってきました。

今は、そこに映像だからこその仕掛けを入れたいと考えています。

脚本×映像ギミック

僕が作品をつくる時に大事にしていることは、一貫して「アッと言わせること」です。

なので物語もオチや伏線を大事にしています。

 

さらにそこに、「映像的な驚き」を加えることで、もっと視聴者さんを楽しませることができる。

新しい武器を手に入れる

これまでショートショートは1000以上作ってきました。

自転車の乗り方と同じようなもので、既にそのやり方は僕の中に染み込んでいます。

 

今、「別の新しい武器」を見つける時期に来た気がしています。

ということで、これからは映像的な仕掛けの作品がいくつか続きます。

 

もちろん、アッと言わせるようなオチや不思議な世界観もあり、今まで以上に満足度の高い作品になったらと思っています。

応援のほど、よろしくお願いいたします!

 

ちなみにこれが第一弾。僕のみ出演で作った実験的な作品です。

www.youtube.com

 

noteにも色々書いています.

note.mu

note.mu

メンバーの励みになります!テンション上がります!もっと頑張れます!

www.youtube.com

役者募集中!

うちの映像作品に興味がある人がいれば是非ともご連絡ください。

一緒に新しい演劇のあり方をつくりましょう。

メールアドレス:mizukenrisu@gmail.com